■AGAでバッサリ一気に。

AGA(エージーエー)という言葉を最近とてもよく耳にするようになりました。(※参考http://www.opsida.com/

AGAは特別な病気でも症状でもなくて、病院にかかるほどでもない~。

一言で表現してしまえば「薄毛」とか「ハゲ」などといったことです。

専門家の意見を聞いたり病院に通ったりしたことがないので、実際のところのAGAとはどんなものなのかを知ることはできませんが、私の周囲にも実に多くの割合でこのAGAにかかっている人や友人がいます。

先日もある友人のお宅にお邪魔したら、その彼のヘアスタイルが、スッキリ変わってしまっていました。

AGAという言葉は使えなかったので「ずいぶんサッパリしたね」と何気なく聞いたら、「もともと髪の毛が薄くなってきてたから、バッサリ髪を切って全体的に髪をすいたのよ。

そうしたらどう? 髪の薄い部分も目立たなくなったでしょ」と奥様の一言が背後から飛んできました。

そういえば過去に聞いたことがありますが、AGAの人は残り少ない髪にこだわって伸ばしているよりも、バッサリ切り落としてしまったほうが目立たなくなり好感度もアップするのだとか。

アメリカの超有名なハリウッド俳優も、日本のフォークシンガーや俳優も、ある時期を境にバッサリとやっている人がたくさんいるような気がします。

AGAという言葉が一般化したら、本人の前でももう少ししゃべりやすくなるのですが、最近よく耳にするようになったAGAとはいえ、周知・認知のレベルはまだまだです。

年令を重ねるごとに顕著となるAGA、そろそろ私自身も人ごとではなくなってきました。

病院にいかなければならないハメになる前に、AGA予防策を考えなくては。